browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

8月終わりの日

Posted by on 2013年8月31日

2か月もブログを放置していたので、穴埋めをします。

詩の勉強会というのを有志で12年間、月1回続けています。初めは日本橋のアトリエ夢人館で。これは数回で、奥沢という住宅街へアトリエが移転。自由が丘が近い町なので、おしゃれなメンバーは喜びましたね。私は少女時代を過ごした町なので、どうってことありません。でも若い日の詩集「芦の里から」の舞台になった町なので、心の奥では懐かしいのでしょう。夢に出てくる我が家は必ず奥沢の家ですから。最近の夢ですが、亡くなった詩人木川陽子さんが、この家を訪ねてきたことがあります。私は家の中にいて、塀の外にいる彼女を招き入れようと、駆けずり回っているのですが、どうしても出入口がみつからないのでした。夢ではありませんが、この古い我が家であり、アトリエには勉強会のメンバーのほか、尾道の花本圭司さんやこの3月に亡くなられた宮崎のみえのふみあきさんが訪ねてきたことがあります。甲田四郎さんの「小野十三郎賞受賞記念会」もここで開いたのでした。 ほぼ7年間でここも閉鎖。いまは隣町の私の自宅で勉強。

勉強会は実作本位ですが、始める前に数編の参考詩?を読みます。古今東西さまざまな詩です。時には短編小説、たとえば三島由紀夫、吉屋信子、夏目漱石、島尾敏雄など、限りなく詩に近いものを読み、気に入ったら後で各自読んでください、というのもあります。最近読ませていただいた詩は、高橋新吉、与那覇幹夫、弓田弓子、アッシュベリー、入沢康夫、細田傳造、上手宰など。行き当たりばったりとはこのこと、といわんばかり、気に入った詩を読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © Mujinkan All Rights Reserved.