browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

10月まで(2015)

Posted by on 2015年10月28日

平塚美術館で始まった「画家の詩、詩人の絵」展をみてきました。古賀春江、まどみちお 三岸好太郎 松本竣介 私には懐かしい絵が多くぐるぐる三回も巡り歩き、観客が少ないので、係員に怪しまれないかと心配になったくらい。展覧会の感想は「孔雀船」次号に書きました。

同人詩誌「きょうは詩人」次号には、久しぶりに記憶によみがえった北森彩子さんのための詩を書きました。「音楽の友社」編集部から彼女の版権継承者について問い合わせがあったので。大昔、私が出していたささやかな個人誌「NOAH」に載せた彼女の詩が作曲されたのだそうです。とてもうれしかった。

最近、読んだ詩書の中で、心に残ったもの。「氷菓とカンタータ」(財部鳥子)「艸の、息」(松岡政則)「そのようにして」(林嗣夫)「えちうど鏡のなかの音楽」(赤木三郎)「自画像のための忠実な画布」熊沢加代子「詩人島朝夫の軌跡」(遺稿集)「江戸おんな歳時記」(別所真紀子) それぞれ多岐にわたる意味で私にはっ刺激がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © Mujinkan All Rights Reserved.