新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。忌中の新年ですが、そういうことには拘らないで残った人生を闊達に暮らすことにしました。亡くなった夫もそれを喜んでくれると思います。今年は娘一家と一緒に暮らすため、多少家を改築して、私は客間兼書斎と寝室だけの暮らしになります。十分なのですが書籍だけは片付けねばならずあたふたしています。詩集より画集の多さに我ながら呆れています。でも苦労の種があるほうが元気が出て助かります。昨年はどっと自由な時間ができて、秋から冬にかけて絵画展ばかり貪るように見歩きました。そしてますますカタログ類を増やし、身動きができない有様です。昨年暮に「きょうは詩人」29号が出来上がりました。今年はブログを真面目に書いていく心づもりです。あくまで予定。

 

Categories: ブログ | Leave a comment

2014年9月

あっという間に9月も過ぎて行く。いつも同じように月日の過ぎて行く速さに驚いてばかりの通信で恥ずかしい。読書の続きを書く予定がこんなに遅くなってしまった。村田喜代子著「屋根屋」「じょろうこう」ボルマン「沈黙を破る者」ドラブル「針の眼」それから書評を依頼された外村京子詩集「十月の魚」。ドラブルは退屈で面白いという不思議な小説で、なんと読み終わるのに数か月かかってしまった。その間に「屋根屋」にうっとりし、「じょろうこう」に感動し、なんとも有意義な読書だった。

所属詩誌「きょうは詩人」には、「どんぐり転々」という詩を書いたが、全く新しい方法を試みたので不安だった。何人かの詩友が珍しく「面白かった」と言ってくれた。褒めてくれたのではない。書かれたことが可笑しかったのである。でもつまらないよりいいか。

Categories: ブログ | Leave a comment

絵のこと詩のこと

家の中のごたごたが少しづつ治まり、美術館に出かけたりできるようになりました。かって好きだったバルチュスが上野にきているので、岡山から上京した苅田日出美さんと見に行きました。もっとも気が弱くなっているせいか、バルチュスの退廃の気配には馴染むことができず、なんとなくしょげた気分で退出。ことにバルチュスの猫は地獄から出てきたような禍々しい顔をしているので怖かった。帰路に寄った西洋美術館のハンマースホイの絵に慰められる始末でした。絵というもの見る側のその折々の心の在り様で違ってくるものですね。1984年、わざわざ京都に行って観たバルチュス展はどうしてあんなに惹きつけられたのか、なんともちぐはぐした気分。

詩を書いたり読む時間がやっと戻ってきた。気ままに読み漁り、喜んだり、がっかりしたりしている。吉田隶平さんの「彼岸まで」はご本人が詩とも箴言ともつかないと断っていられるが、どちらでもかまわない、私は心惹かれて読んだ。文中から察して吉田さんは七十歳くらいになられたのだろうか。また一冊を通して澄んだ哀しみのようなものが流れているので、親しい人を亡くされたのだろうかとも思った。私自身が年々身近な人と別れていくので(まあ、当たり前なのだけど)淋しさに敏感になっているのかもしれない。「喜びは」という一篇は死んで「よくなっていく顔」と「苦悩を浮かべてゆく顔」があると書いている。先日私が見送った家人は眠るように死んでいったが、家庭で私の腕の中で息を引き取ったため一晩警察病院に預けられた。翌日、警察から戻ってきた死者は亡くなった日よりさらに安らかに、少し笑っているふうであった。よほど安心したのだろうか。詩を読んで自分のことに引き寄せてしまうのはダメな詩人なのかもしれないが、そんな外向きのことはどうでもよいと思う年齢に私はなってしまった。

塩嵜緑さんの詩集「魚がきている」も魅力的だった。繊細で気品があり、やはり時間の中を自在に行き来する感性に惹かれた。また詩誌「水盤」13の福間明子さんの「不都合な理由」が面白かった。なにやら哲学的で小生意気な御託を並べて、日々のご飯作りに専心している奥さん。「ねんねんさいさいはなあいにたり その美は普遍的 必然的」と言っておいて、もう一人の冷めた自分は「ほめるだけでいいのに ややこしく窓辺に座っている」のである。福間さんらしいケロッとしたユーモア。

こんなことを書いてるうちに金曜日も日暮れてしまい、郵便局の用事が足せなかった、医院に行き血圧の薬をもらうのを忘れてしまった、土曜、日曜血圧を上げないように静粛にしていなければ。

 

 

 

 

 

Categories: ブログ | Leave a comment

「きょうは詩人」27号ができあがりました

2月から3月にかけて家庭内に取り込みがあり、ブログを開く時間がありませんでした。あれこれしているうちに4月も半ばを過ぎようとしています。詩誌「きょうは詩人」27号はほとんど私が手伝えない中、長嶋南子さんが編集してくれました。27号の書き手は苅田日出美、長嶋南子、鈴木芳子、伊藤啓子、福間明子、吉井淑、万亀佳子、小柳玲子、古谷鏡子の9人。エッセイは万亀さんの「広部英一に寄せて」。

私は目の離せない病人を抱える身で、一度だけ美術展に足を運ぶことができました。三菱1号館美術館の「ザ・ビューテイフル」展、ラファエル前派の作品を主にした展示です。ミレイやビアズリー ロゼッテイーの美女が並んでいますが、私が見たかったのはワッツの「プシュケー」で、この作品はワッツ好きで歩き回った私にしては珍しく初見のものでした。またホイッスラーのエッチング、初めて見ましたが居並ぶ美女たちより私には心惹かれるものでした。ぜひ見てください。

Categories: ブログ | Leave a comment

2月14日

この二、三日、ブログの具合が悪くて、ヘンテコでした。ご迷惑かけたかもしれません。看護の忙しさに追われて、会費が切れていたのを忘れていたせいです。ごめんなさい。

Categories: ブログ | Leave a comment